スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

トロピカルストーム7周年企画ライブ

2014.11.05 Wednesday | by たいしゅん
 現在、ライブ活動を停止しておったのですが、
今年5月に「SHOWなんだいDEショー」でお世話になった
トロピカルストームが7周年で
お祝いライブを開催するからちょっとやって〜
と頼まれまして、ならばと
11月3日(月祝)、湘南台まで行ってきました。

17時半くらいまでみっちり
昼間の労働を池尻大橋あたりでやっておりまして、
お店についたのは20時半すぎ。

けっこう賑わっていました。

すでにこの日出演の
大久保理さんは終わっていて、
遠藤コージさんがなかなかこないワシにかわって
すでにライブも終盤という所でした。

ここでやるのは実質3度目ですが、
本当に毎回違う雰囲気です。
まさにミュージシャンとしての資質を試されているような
ライブばかりです。

↑ひーちゃんツイッターより

曲中の突っ込みが
半端なかった日でした。
まあ興味を多少なり持っているってことなので
思い通りに進むことはないけれど
やりにくいってことはない感じ。

中華三番のひーちゃんも
このライブの為に昼から頑張って
ラーメン完売にして来てくれました。

ほんでもってまた終電のがしたんで…
三番2階合宿所でお世話になってしまいました…

まことさん、ひーちゃん、ありがとー!
来年のSHOWなんだいDEショーよろしくね。




理さん、遠藤さん、いい歌ありがとう。
良き夜でした。



↑これもひーちゃんツイッターより





青山で地中海の夏

2014.07.31 Thursday | by たいしゅん
7月28日月曜日。
今月の数少ない労働日であったが、
現場が蒲田であったが一旦帰宅し
気合いを入れ直して外苑前へ向かいました。

BOOM PAMという
イスラエルのサーフロックバンドのライブを観る為に。


場所は月見ル君想フという
長ったらしい名前が
前から気になる小屋でした。

このBOOM PAMというバンドは
ベンチャーズに代表される
あのテケテケサウンドをベースにしながら
なんだろう、全然爽やかじゃない
田舎臭い海岸に流れているようなロック、
日本でいうなら島根の浜田で流れているような(自分では褒めているつもり…浜田の方々ごめんなさい)感じ?
時折中東ぽいフレーズが入って変にエキゾチックだし、
そして一番の特徴は
ベースライン担当が
チューバ!って所です。

デカくて重いから
椅子に座っているんだと思うんだけれど
そのせいもあってか
とってもクールにサウンドを支えています。

サポートキーボーディストはメンバーの誰かの彼女なのかな?
とっても美人さんだけど
マニアックなアナログシンセ系の音をセンスよく出していました。

時折登場するベリーダンサーも
超絶セクシーで華を添えていました。

登場時からビールジョッキ持っとるし、
なくなりゃカウンターに頼んで
また持ってきたのがオリオンの缶だったりと
一体ここはどこの国ぞ、という感じが余計に強まりました。

横にいた4人組みの女の子たちがとてもノリがよく
煽られるようにオジサンも終始踊りましたがな。

アンコールでギターのUriが
客席に降りてきて
ワシの目前で弾いて飛ぶもんだから
一緒に飛んだわい。

↓ 彼らのFacebookにその時の写真が…しっかり写っとるわい、オッサン。。
https://www.facebook.com/BoomPam.Rocks/photos/a.10151474950754861.1073741825.307707599860/10152597681614861/?type=1&theater


ステージ終了後すぐ
物販売り場に並んで、
というか自分たちのツマミを頼んでいるメンバー。
ただの酒飲み!

最高に楽しかった。
日本に来てくれてありがとう!




七夕イブの記録

2014.07.09 Wednesday | by たいしゅん
2014年7月6日(日)
下北沢ブルームーン

◇セットリスト◇

1.満月最中
2.キャッシーの歌
3.寒のあめ
4.紫陽花
5.らんかん橋節
6.木漏れ日
7.Amelia
8.向日葵

ブログを書くまで時間がかかってしまった…
ライブはやはりライブでしか味わえないものがある。

だから、演奏者である自分が
その時どうだったかと書いても
どこまで伝わるか、
いや、絶対に伝えられない。

共演の藤井貴子さん、
しんごとひでこのお二人、
本当に素晴らしかった!
一緒にやって良かった。
音楽の趣味も共通点が多く、
その点では最高の夜だった。

だから…

沢山の人に観てもらえなかった
自分の宣伝力に猛省です。

その対策の一環として
”たいしゅん”としての活動を
しばらく休止します。

代理監督は
近々たてる予定です。




言葉と音と絵と

2014.06.29 Sunday | by たいしゅん
6/26(木)、渋谷wwwへライブを観に行きました。

Fernando Kabusacki × Greg Saunier (DEERHOOF) × 原田郁子 / 寺尾紗穂 /

という出演者の名前を羅列したタイトルのライブです。

一番のお目当ては、寺尾紗穂。
彼女のHPのスケジュールを見ていて
あ、これいいな、と思い
2日前に
コンビニで前売りを購入しました。

整理番号が25番。
売れてないのかな…

19時の会場時間ぎりぎりについたが
番号順の列整理など行われず、
「前売り券をお持ちの方、お入りください〜」という
非常にアバウトな感じで入ったので、
一番前のかぶりつき席に陣取らせていただきました。

入場して20分後くらいに照明が落とされて
オープニングアクトで登場したのがgroup Aという
ワールドカップ開催中にぴったりな名前の女子二人組。

どうしてこの名前でこの音楽でこのビジュアルなの?
っていうのが感想です。(興味がある方はリンクから色々調べてね)

お客さんも結構入ってきて
開場時間の20時ちょうど位に
寺尾紗穂登場。

いや〜、ライブ観にきてよかったと
1曲目『富士山』から思いました。
言葉の紡ぎ方というんですか、
日本語をこんなに美しく表現する人、久しぶりに逢いました。

大貫妙子とかJoni Mitchellとか
影響を受けた人の影が時折見えますが
でもそれ以上に彼女自身の感性のオリジナリティが歌詞などに表現されています。

そして、彼女を聴こうと思ったきっかけになった
Joni Mitchellの『A Case of You』をやってくれて
感激でございました。



骨壺』とか『はねたハネタ』などの曲も
MCで作ったエピソードを聞けてよかった。
面白い、ほんといいわ〜。

ラスト2曲は
この日の出演者、カブサッキとのセッション。

カブサッキを観るのも聞くのも実は初めてでしたが
空間系のギターサウンドと
紗穂ちゃんの音世界が気持ちいいほどはまりまくっていた。
というか、うまいな〜カブサッキ。

そして、最後は
フェルナンド・カブサッキ(ギター) × グレッグ・ソーニア(ドラム) × 原田郁子(ピアノ)トリオの
大セッション大会!

郁子ちゃんの用意した
カセットテープSEが意外にこのセッションの世界を作っていたな。
さりげなく『Folklore』を歌っていたりしたのが
クラムボンファンにはたまらんかったです。

長女・郁子が引っ張っていき
長男・フェルナンドが真ん中でどっしりと構えて
末っ子・グレッグがおてんばをくり返す、
てな感じ?な展開でした。

グレッグにピアノを奪われて
仕方なくドラムセットを叩いていた郁子、可愛かった。

郁子が最後に「遊びました〜」と言っていましたが
ほんと1時間、3人の音遊びに付き合った僕たちお客、
というライブでした。
あ、褒めてるつもりなんですけど…一応

ライブ中に壁に映写されていた映像や
セッティング中のDJも
センスを感じるいいイベントでした。

三番ライブ

2014.06.22 Sunday | by たいしゅん



先月のSHOWなんだいdeショー以来の湘南台。

三番へ行くまでの道中で
ライブをやらせてもらった”じゅんちゃん”のママさんと
開店前の店の前でたまたま会って、軽く挨拶程度にお話したり、
”トロピカル・ストーム”までいって
開店前なのにビールを一杯飲んだりと
一月前のイベントはやっぱりやってよかったなという
出来事から始まりました、今回のライブ。

来てくれたお客様、
ありがとうございました。
頼みもしないのに
アコーディオンを持ってきて
勝手に乱入したお調子者もいましたが…(まあ想定内でしたがね)
こちらも好き勝手にやらせてもらいました。

活動を続けていれば色々とあるけれども
音楽が好き同志のつながりってやっぱりいいな、と思った夜でした。

セットリストは…

適当に思いつきでやったので怪しいです。

1.man-to-manのテーマ
2.ほっぺたのはらに
3.木漏れ陽
4.紫陽花
5.豊年節〜つめきりうた(アドリブ)
6.チャルメラそば屋(カバー)
7.らんかん橋節
8.三日月ワルツ
9..キャッシーの歌(カバー)
10.満月最中

ひーちゃん、ぐっさん、ありがとね。

6/14ライブ覚え書き

2014.06.17 Tuesday | by たいしゅん
とりあえず自分の記録用に
セットリスト。

6/14 町田・万象房ライブ

1.man-to-manのテーマ
2.はまぐり(カバー)
3.木漏れ日
4.紫陽花
5.らんかん橋節
6.I Want To You Back(カバー)
7.Case of You(カバー)
8.ほっぺたのはらに
9.満月最中

関係各位、お客様、
大変ありがとうございました!

房主ブログより
写真を拝借〜お許しあれ。






生誕100年目の日

2014.06.01 Sunday | by たいしゅん
おそらく…
初めてオーケストラの演奏というものを観に行った。
小学校の授業かなんかで行った事があるのかもしれないので
自分で稼いだ金で行くのは初めてなのかもしれん。

いや、そんなことはどうでもいい。



5/31(土)気温30度の中、
ミューザ川崎シンフォニーホールで行われた
東京交響楽団伊福部昭生誕100年記念コンサート

伊福部昭、そうあのゴジラの音楽で有名な音楽家の
生誕100年目に丁度当たる、
つまり、お誕生日におこなわれたコンサート。

オーケストラ演奏がこんなにも
面白いものだとは思いませんでした。


電話予約していた席が
C席2000円。



開演前に撮りました。
このように楽団の真後ろの席です。
音的には期待出来んけど
安く観れるからまあいいか、ぐらいの感じで取った席です。

でも、たぶん、これがよかったんだな。
確かにピアノの音とかは真後ろで聞き取りにくかったけれど、
楽団員と同じ目線で客席が見えて
指揮者の表情もよく分かる。

指揮の大植 英次さんが
本当に表情豊かな人で
その身振り手振りがこの伊福部音楽に非常に合っていた気がする。

一緒に演奏に参加している感覚で時間を過ごせたのです、席のおかげで。
楽譜を手でめくる様子も面白かった。(iPadとか使う訳にはいかんのですかね?)

ティンパニ奏者があんなにたくさんのマレットを使いわけている様子だとか、
あのトランペットの人、休んでばかりだなとか…
裏から見ないとわからなかったろうな。

伊福部の音楽のドラマチックな展開があってこそ
これらも面白く見えたと思います。
あんまり面白いという表現はこの手のコンサートでは
使わんのかもしれんが自分的にはこの言葉がピッタリくるのよ。
ごめんね、素人丸出しで。。

演奏曲は
1. SF交響ファンタジー 第3番
2. 二十絃箏と管弦楽のための交響的エグログ
3. ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ
4. 交響頌偈「釈迦」

2.の 二十絃箏と〜
などは伊福部でないと作れん曲だろうな。

二十絃箏の野坂操壽さんの演奏は
圧巻でした。素晴らしいかった!

4.の 交響頌偈「釈迦」の時は
真横の空席の所にどっと
東響コーラスのお姉様方が入ってきて
オーケストラ後ろの席に着いたお兄様コーラス隊と
楽団員達との素晴らしい合奏。
声が胸に響くよ、近いしね。

ほんまに2000円、元取りまくり。
改めて伊福部芸術を見直そうと
家に帰ってCD棚探したら結構持っていてびっくり!



生演奏いいね。
交響曲書きたくなったよ。
佐村河内氏の気持ちがよく分かったぞよ。




春の歌合戦

2014.04.30 Wednesday | by たいしゅん
 


二階堂和美×ハンバートハンバート 渋公で春の歌合戦!
楽しみにしておりました、渋谷公会堂、行ってきましたよ。

ありそうでなかったこの組み合わせ、
どちらも大好きなアーティストなので
この対バンライブは予想通り、至福の時間となりました。

最初にニカさん、ハンバートの3人が登場して
ハンバートの『長いこと待っていたんだ』をセッション。

その後は前半ハンバート・バンドの演奏、後半はニカさんという構成でした。

ハンバートは本当に久しぶり。
そして一発目にファンになったきっかけの
夜明け』をやってくれて
最初っから涙腺うるうるでした。
遊穂さんのハーモニカ担当部分がかなり増えているのが驚きでした。

ニューアルバムは期待大ですね。

そして、ニカさん!
しっとりと
萌芽恋唄』で始まって聴かせてくれるな〜と思っていたら…

自由すぎるMCは笑わしてくれるし、
せっかくのハンバートのカバーも歌詞がぶっとんで困っているし、
独特のダンスは今日も冴えているし、
いろんな涙が出っぱなし!でした。

アンコールは『ケセラセラ』、
そして『愛のしるし』!
出だしは新生パフィーか?と思ったが
ニカさん、またもや歌詞のわからない所を
ダンスと即興コーラスでごまかしている…

二階堂和美、天才です。
ステキすぎる!

サイコーだ、広島の誇りだ。


二階堂和美公式サイト



ハンバート ハンバート公式サイト


先週のライブ写真

2014.04.13 Sunday | by たいしゅん
 先週4/4(金)に下北沢ブルームーンでやりましたライブの写真です。
お店のFacebookページから拝借しました。

小店長さん、ありがとうございました。








4/4下北沢ブルームーン

2014.04.04 Friday | by たいしゅん
 ありがとうございました。
ご来場の皆様、おーこんさんケンジンさん店長小店長関係する全ての方々に感謝。

曲順をその場で決めていったので合っているかどうかは分からんセットリスト。

1.満月最中
2.man to manのテーマ
3.ほっぺたのはらに
4.サクラサク
5.木漏れ日
6.てぃんさぐぬ花
7.河童のオリンピック
8.らんかん橋節

明日朝早い。
そんなの関係ねー!
ただの強がりですが…

みんな
愛してるよ〜
店長の奄美ライブ追っかけ前向きに検討ちゅう

PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM