<< 雪の日 東京散歩 | main | 鳩子の海 >>

スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

サーフィン・イン・ザ・イスラエル

2014.02.12 Wednesday | by たいしゅん
仕事を辞めて一日目。

仕事っていっても
しょせん、アルバイトである。
というか、定職って
25歳くらいから5年勤めた照明の仕事以外、
これといってせずに現在までやってきている。

音楽と関わる時間を増やせば金がなく、
一生懸命働けば音楽をやる時間がなくなる。

音楽が金になればいいわけだ。
それには同郷のにせベートーベンさんのような
セルフ・プロデュース力を身につけねばと真面目に思うのだ。
今回の事件をあーだこーだ皆さん言っていますが、
18年間も周りをその気にさせてこれたのは
自分がどう見えているか冷静に見る能力があったからだよな。
詐欺はいかんけどね。

まあそのセルフ・プロデュース力に焚けているとは
あまり思えんバンドを
今回ちょっと紹介します。



ディスク入れる所の写真がこれですからね…

Boom Pamっていう
イスラエルの3人組バンドで
基本はベンチャーズ系の
ギターサーフミュージック(そんなジャンルがあるかどうか知らんが)なんですが
大きな特徴は上の写真を見ても分かる通り
チューバがベース部門を担当しています。

真面目にやればやるほど
おかしいんだよな、チューバって。
楽器の関係上、皆がノリノリになっても
椅子に座ってじっとしているしかないし…

ギターもさわやかなサーフ・ミュージックというより
中東の調味料がかかったようなフレーズが時々
砂漠の中から出てくるような感じで
なんかその辺がワシ的にはかなりツボです。

ototoyで知ったアーティストですが
数日前、新宿のタワーへ行った時、
試聴機で大プッシュしていましたよ。(久保田麻琴さんが大ファンらしい)

ライブ観たい!






今なら一曲フリー・ダウンロード出来ますよ〜







スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM