<< サーフィン・イン・ザ・イスラエル | main | 帰ってきたぞ >>

スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

鳩子の海

2014.02.15 Saturday | by たいしゅん
2/14(金)バレンタインデー

関東地方が大雪の中、
中国地方へ逃避行ちゅうのワシは
この機会に是非行ってみたい所があった。

山口県の祝島である。

中国電力が建設予定の
上関原発に反対し続けている所として有名であるが
とりあえずどんな場所なのか
この目で見てみたかったのだ。

しかし…

前日の予報が雪で
島へ渡ったは良いが
凍えているのも嫌だったので
計画は中止することにした。

「寒いんだから身体があったまるとこへ
どうせなら行きたい。
そうだ!温泉♪」

上関の近くで…

で思い付いた。

原発助成金で作った
温泉施設とかなかったけ?

ありました、ありました。

鳩子の湯

前置き長くなったが
そんなこんなで今回の旅は
始まる。

実家から可部線、
山陽線と乗り継ぎ、
岩国から下関行きに乗った時に
何だがテレビの撮影隊のような一向も乗車。

ワシの座った前の座席に
どうやら俳優らしきおじさんを
一人座らせて
スタッフが周りを取り囲んでいる。

おじさん、鏡を取り出して
メイクを始めた。
鏡越しにその顔を見ると、
なんと!
コント赤信号のリーダーではないか!

何かの旅番組かな。
周防大島を車窓から眺めている絵を撮ったりして
最寄りの大畠で一向は降りたので
多分、大島目指しての旅なのだろう。

ワシが映り込んどる所はどうぞ、
カットしてくれ〜

出発から2時間20分、



柳生駅着。
ここから上関行きの
防長バスが出ています。



丁度お昼で
バスの時間まで30分あった為
駅前のラーメン屋で腹ごしらえ。



バスに乗る。

降りる場所が分からなかったので
運ちゃんに聞くと
「鳩子の湯」というバス停があるみたい。

乗客はワシの他は
おばあさんが2人。




「活力ある豊かな街を
原電で」


「核兵器廃絶
平和都市宣言のまち」

相反する看板が
同じ町内に掲げられている。

柳生駅から約一時間、
「鳩子の湯前」で下車。
料金1050円なり。



町議会選挙が今週末日曜日にある為、
選挙カーがやたら走っている。

この橋を渡った長島の最西端部に
原発建設予定地がある。



ここが入場門。

坂を登っていき
自動扉の入口をくぐって
靴を脱いで受付カウンターへ行き
入浴料600円、レンタルタオル代300円を払い入場。

日替わりでかわるらしいが
今日の男湯は檜風呂。

平日にも関わらず、
年配の方中心に結構
入浴客がいた。

温泉は全くマニアではないので
詳しい事は分からんが
清潔な施設内で
気持ちよく温まってきたぞ。



瀬戸内の海を眺めながら



昼ビール。

「また来たいか?」と聞かれたら
温泉施設自体はまた来てもいいかなと
思うけれど、
またこの時間と交通費をかけてまでは
来ないかな、というのが個人の感想である。

バスが来るまで時間があったので
柳生方向へ
ちょこっと歩いてみることにした。



次から次へと



各候補者の選挙カーが
走ってくる。









結局、中電の上関原発準備事務所のある
尾熊毛まで歩いた。

強風で吹き飛ばされそうになりながら…


ところで…

鳩子の湯、と聞いた時に
すぐにあれ?と
思ったのだが
NHKで放映された「鳩子の海」は
この上関を舞台にした話だったようだ。
(みなさん覚えているかな?)

「鳩子の海」といえば
未だにこの旋律を強烈に覚えている。

斉藤こず恵が歌った
「日本よ日本」

ということで
貴重な音源がアップされていたので
貼り付けて当ブログを
終了します。




スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM