<< 青山で地中海の夏 | main | 河童に逢いに 遠野編 >>

スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

河童に逢いに ゞ誉源塲濺陳編

2014.08.01 Friday | by たいしゅん
7月29日火曜日。

早朝5時すぎに愛車マイクシュルツ号(チャリ)にまたがり
家を出ました。

以前から作ろうと計画していた
”河童のオリンピック”という曲の映像用の
ロケハンに行く為です。

河童が住んでいそうな水辺を訪ねよう。
しかし、それはどこだ?
近場でいい所はないかと探していた所、
ありました!

群馬県桐生市の梅田町。

河童の民話があり
しかもあまり高低差がなく
自転車でいけそうじゃないですか。


輪行バッグにシュルツ号を詰め込み
近所の駅を出て
9時前に桐生駅に到着。
思えば遠くへ来たもんだ〜、ってほどでもないか。
そういえば、↑この曲の作者、
山木康世さんのライブの前座をここ、
桐生市の大間々町ってところでやりましたなあ。
随分前のことですが。

桐生川に沿って走る66号線を
上流方向へ向かってチャリをこいでいきました。

奥に行くにつれ
風景がどんどん日本っぽくなっていく?
いわゆる昔の田舎の風景という景色が広がっていきます。
これは期待大!

ダムの手前で長い登りがありましたが、
けっこう平坦な道が続いていきます。

そして…
ダムを過ぎてからの川の風景が、
もう、ちょっと感動しましたね。

こりゃ、至る所に河童がおるぞ〜
という場所ばかり!





水がとにかくきれい!
川の中に足をつけてみましたが、
1分中にいるのは厳しいくらい冷たい。
外は30度くらいある中でですよ。
汗がほんとふっとびました。

写真撮りまくりましたが
あくまで自分の資料用としてなので
ここではそんなに公開しませんよ、フフ。。

いやもう十分すぎるほどの写真が集まりました。



来た道を戻って桐生市街に着いたのが12時半くらい。
帰りに宇都宮にでも寄って餃子でも食おうかな〜
と思っていた所へ…

”お疲れです!
31日出勤の予定でしたが客先の予定変更でお休みしてください。”(原文通り)
という仕事先からのメールが入った。。
7月、これで半分以上働いていない…

だが、日帰りで帰ろうと思っていたが
これでもう少し遠くへ行っても問題ないな。。

ワシの中で新たな計画が持ち上がってきたのだった。

〜続く〜


スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM