<< 鎌田浩宮 福島・相馬へ行く | main | ムーミン展 >>

スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

ティムとジェフ

2014.10.20 Monday | by たいしゅん

映画を観る前にその作品のパンフレットを見ると
必ずこけるという
自分の中の定説があります。

渋谷のタワレコで
宣伝していて即買った前売り券は
なんとパンフレット付きでした。

だから公開まで見るのガマンしました。。

それだけ期待が大きかった。
だから公開初日に行ってきましたよ。

グッバイ・アンド・ハロー
(原題:Greetings From Tim Buckley)

まあ、邦題聞いただけでも
ティム・バックリーの話だってわかるんで
いいんですけど。

ワシとティムの出会いは


このライブアルバムです。

ギルドの12弦を弾くこの凛々しい姿のジャケットに
一目惚れ。
そして音はこのフォークシンガー的な
佇まいでありながら
何とも多種多様な音楽の影響を感じる曲に
ハイトーンの自由なボーカル。

すっかり魅せられて
彼のCDを見つけては買いました。

自分の世代以下は
息子ジェフの方から入っていった人たちが多いですが
ワシは親父のティムの大ファンであります。
だから息子も
音楽をやっていると知った時は感激しました。

親父のDNAを引き継ぐかのような
ハイトーンボイスを
もっともっと洗練させたような歌声は
本当にぞくぞくした。

彼が死んだ時は
何で親父と同じような末路を歩んでしまったのかと
思いました。

だから、この映画。
ジェフ役のベン・バッジリーに全てがかかっていると
言っても良いと思っていました。

その結果は…

これはもう、皆さん、
劇場へ行って確かめてもらいたいです。

ジェフ&ティム・バックリー親子の
アーティストとしての素晴らしさが霞むどころか
ペン・バッジリーの才能に惚れ惚れする映画です。

彼以外にも
ケイト・ブッシュ似のヒロイン
イモージェン・プーツが歌うシーンとか
生の歌声が素晴らしいと感じるシーンが多々出てきます。

音楽好きなら
観て後悔はないはず。

上映館の
ヒューマントラストシネマ渋谷
水曜日は割引で観れますよ。

お、何だか宣伝大使のような
記事になってしまった。

ジェフが父親のトリビュートライブに出演する所に焦点を当てて
そこで葛藤する姿を描いた
脚本と演出にセンスの良さを感じます。


公式サイト










スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM