スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

矢野口シェインブラム参上!

2013.02.05 Tuesday | by たいしゅん
KORGが1963年創業して今年で50年である。

ワシ、基本弦楽器専門ではあるが、
何を隠そう…

KORGマニア、大ファンである。

なんだかいつの間にか
自宅にKORG製品が
ライブで使われもしないのに転がっている。

50年メモリアルイヤーか…
よし、これに便乗しちゃえ〜

という訳で、
実は以前からやろうと思っていた
プロジェクトを実行することにしました。

それは…
KORG製品のみで曲を作る!

そして
バンドを結成しました。

”矢野口シェインブラム”と
いう名前にしました。

取りあえず
サウンドクラウドにアカウント作って
アップしてみました。

ああ、適当な演奏だ…

参考までに使用楽器。

iKaossilator
Polysix
Λ(ラムダ)
monotribe

京王技研万歳〜!



てぃんさぐぬ花

2013.02.04 Monday | by たいしゅん


自分の部屋で
長いこと眠っていた
カリンバである。

以前、一度だけライブで使用しましたが
適当なチューニングでポロポロと弾いただけでした。

ループマシンで使う
ベース音が欲しいと思い、ふとひらめいたのが
こいつをベース代わりに出来ないか?というものでした。

チューニングをきちんとして
ピックアップを取り付けたら…

なんと驚きの
ビューティフルサウンド!

遊びで
沖縄民謡の「てぃんさぐぬ花」をやってみたら
いい感じになりました。

再生ボタンをクリックして
お楽しみ下さい。



満月最中

2013.02.04 Monday | by たいしゅん
2月に入り、日中は春のような日差しが注いで気持ちがええですね。

正月に録音していたものをやっとこさ編集したんで
サウンドクラウドにアップしてみました。

是非聞いてみて下さい。

まずは
「満月最中(まんげつもなか)」という曲。

これはiPhone/iPad用のアプリ
Animoogをいじっていて(ワシの場合iPod touchですが)
イントロのフレーズが出来て作った曲であります。

Animoogはもう
たいしゅんサウンドには欠かせんなってきてます。

ええアプリです。

では、再生ボタンをクリックして
お楽しみ下さい。



残り物に福?

2013.01.21 Monday | by たいしゅん
今日は正月に録音した音源の編集でもしようかと
思っていた20日日曜日の午後、
Twitterを眺めていたら
”ドーナル・ラニー&パディ・グラッキン公演当日券あり”との
リツイートされた情報が目に飛び込んできた。

「え、今日もあるの?しかも東京?」

来日HPには載っていなかったので
全く知らなかった。

19日(土)のスターパインズは
随分前からチェックはしていたが、
予算的な都合で諦めていた。。

急いで会場の
武蔵野市民文化会館のHPを見てみると…

確かに当日分が。しかもなんと2000円!
残り2席。
え、会員登録しないといけないの?
そうこうしているうち残1席。

ワシがポチッとすると同時に
ソールドアウトとなりました。

行きたかった公演がなんと
こんな破格値で観れるとは!

吉祥寺で降りて
雪の残る住宅街の裏道をとぼとぼ歩き、
武蔵野市民文化会館へ行ってきました。

会場の小ホールは
ステージ後方にパイプオルガンを備えた
いかにもクラッシック専用の箱。

ステージには2人が座ると思われる椅子と
ギタースタンドが一つだけ。

そうです、
完全生音、正真正銘のアンプラグドライブでした。

トークもマイクを通さない地声で
まあ、それほど大きい会場ではないので
後ろの方でも何をしゃべっているかは聞き取れたと思います。

ワシは当日券でありながら、
ど真ん中どセンターの席。

フィドルはそれほどでもなかったけど、
ブズーキはピックアップ仕様のやつのせいか、
ちょっと生音だけではキツかったかな?
低音が全く聞こえず、しゃびしゃびした音。。

ただ、2人がのってきて、
客席から手拍子が聞こえた中盤から終盤にかけては
ブズーキも何故か音ノリが良くなったように思えました。

サウスポーの弦楽器奏者ってやっぱ絵になるな。
パディさんのヘッドをさげたフィドルのネックと
ドーナルさんのブズーキのネックのラインが平行になる瞬間があり
かっこよかった。

今回初来日のパディさんではありましたが、
時折挟む日本語がツボを心得ているドーナルさん(奥さん日本人)のトークもあり、
終止和やかな雰囲気でした。

パブや前日のスターパインズのような
お酒がある所で楽しみたい音楽ではありますが、
こういう生音だけで聞けたというのはある意味
貴重で良かったように思います。

ちょこっとやって帰っちゃうかと思ったら、
休憩はさんで2時間、アンコール2曲やってくれましたし、
もう満足です。

明けて今日の夜は
仙台で東北支援の為のライブらしいですね。

いつまでもお元気で
活動していってもらいたいです。





【追記】MUSIC PLANTさんのブログにいろいろ写真とか出ております。






BBCですよ、おくさま

2013.01.10 Thursday | by たいしゅん
ナックルボーク的年間ベスト1に勝手に選ばせていただいた
Karine Polwartさんの最新BBCスタジオセッションが 
今日から6日間限定で聞けます♪
(↓下のリンクをクリック!!)

BBC Radio 2 - The Folk Show with Mark Radcliffe, Karine Polwart session

23分頃からKarineさん、メンバーのIngeさん二人の声が聞けますよ〜

英国から遠く離れたこの東洋の地で
ラジオ放送が聞ける幸せ…

いんたーねっと万歳!








今年もピヨ〜ン

2013.01.09 Wednesday | by たいしゅん
正月ボケはそろそろ解消?

当ブログもリニューアルしました。
広告が消えていますでしょ?あ、分からないよね、たぶん…

さて、今日もどうでもいい話題を。

この下の記事でも書いていますが
ワシ、エレキシタールフェチでして…

ラジオ聞いててその音が聞こえると
その曲の入っているCD調べて集めております。

最近知ったのはこの曲↓



エレキシタールの弾き語りですよ〜
まるで先日のマイム公演に出演した時のワシですね。
(写真で持って↑おるのは、まさにそれ!です。分かりにくいけど)

今年はどこかで弾きたいな、ピヨ〜ン♪








ナックルボーク的2012年間ベスト 番外編

2012.12.31 Monday | by たいしゅん
今年も残す所、
あと数時間となりました。

年賀状をやっと書き終えました。。

さて、先日の2012ベストの補足的な事を書いて
本年度このブログを締めくくります。

年間ベストには書きませんでしたが
Kate Rusby
滋賀まで追っかけていったtricot
すでに取り上げていたので敢えて省きました。

どちらもほんま、良かった。

で、新譜ではないけれど、
今年再発されたもので
気に入ったものなどを。



Egberto Gismonti  "Carmo"

この、ボンバから定期的に再発されている
ジスモンチのアルバム、
どれも欲しいものばかりです。

このカルモ以外には
心の街”と
エグベルト・ジスモンチ(Coracao da Cidade)”を聞きましたが、
彼のふにゃふにゃボイスが入っている
これが一番好きです。

疾走するリズムが心地よい作品です。

で、続いて…



とみたゆう子 ”Colours"

もう個人的な思い入れだけです。
このファーストアルバム、中学生のワシ、大好きでした。
もちろん、アナログで所有しておりました。

不意にCDで聞いてみたくなった数年前、
ヤフオクとか見ても
2まんとか3まんとか値が付いておりました。

販売終了のディスクを
CD-Rではありますが、再発している
MEG-CDさん、ありがとう!

とびっきりのミルキーボイスに再び逢う事が出来ました。



これで、締まったのか?
まあ、ええわ。

皆様、良いお年を。

来年もひとつヨロシクです。












ナックルボーク的2012年間ベスト 其の伍

2012.12.24 Monday | by たいしゅん


Karine Polwart "Traces"

スコットランドの歌姫、Karineさんの新作。

間違いなく本年度の
ベスト1
です!

昨年発売された素晴らしいDVD、
Here's Where Tomorrow Starts ”で
2012年に新譜が出ると告知しておりましたので、
ほんまに発売が待ち遠しかったのです。

日本語での検索でほとんど引っかかってこないアーティストなので、
皆様へ知ってもらう為に
ワシが知る限りの情報をここに書き(貼り)ます。

レビュー書くより
観てもらった方がその素晴らしさが伝わります。

ではまず、そのDVDから
"Sorry"
名曲です♪



続いて本作にも収録されている
”Salters Road"



彼女のサウンドを支える
二人のミュージシャン
ギターのSteven(たぶん旦那さん)と
マルチ楽器奏者、Inge Thomson

彼女の音楽はこのトリオで作り出しているといっても過言ではないです。



Beatlesの名曲も♪



この楽屋の雰囲気、サイコーです。



ね、ね。

ライブ観てみたいと思いませんか?
日本での知名度がいまいちなので
いまんとこ難しいけれど、
ほんと来てくれたら嬉しいなあ〜

気に入った方いましたら、
是非とも一緒に応援しましょう♪




















ナックルボーク的2012年間ベスト 其の四

2012.12.24 Monday | by たいしゅん


八代亜紀 『夜のアルバム』

八代亜紀である。
このジャケットである。
そして…このタイトルである。。

もう聞きたい条件は十分にそろっている。

でも最初、iTunesで試聴した時は
ピンと来なかったんだよな〜

なので実はこれ、購入していないです。
某Tで宅配レンタルです。

しかし!
試聴の数秒ではこの作品の良さが分からなかったという
嬉しい誤算。

いや〜、予想を遥かに超えました。

特にM-4の
”五木の子守唄〜いそしぎ”

ゾクゾクするアレンジとボーカルの絡みが
ワシの心を鷲掴みです。

もともとのスタートが
クラブでのジャズシンガーらしいですが、
やはり、演歌歌手として培ってきた経験がさらに加わり
八代亜紀でしか表現出来ない
ジャズアルバムに仕上がっています。

小西康陽のさりげない仕事も光ります。

こちらの対談も是非覗いてみて下さい。
































ナックルボーク的2012年間ベスト 其の参

2012.12.24 Monday | by たいしゅん
前回の記事の続き…といいますか
昨日タワレコに寄った理由がこれ↓



Kishi Bashi "151a"

知ったのも昨日。
まさに”一期一会”である。
ツイッターのタイムラインで流れてきた
ライブ告知に貼ってあった映像に衝撃を受けました。

これ↓


本名は石橋薫さんらしいです。

最近ワシもサンプラーを使っておるので、
こういうアーティストは気になります。
ここまでは出来ませんが…

複雑な事をやっていますが、
やはりこの人も声が素晴らしい!
ボーカル力があってこそのプレイですね。

CDの方は、このパフォーマンスに
シンセ、コーラスを多重録音した感じで
またこれもライブとは違っていい。

”体育会系のトクマルシューゴ”という印象です。

現在来日中みたいなので
ライブ観にいきたいのですが…
平日の23時開演ってちょっとキツイのう。。


◇追記◇
日本盤ボーナストラックは…なくてもいいかな。
ちょっとアルバムの雰囲気を壊しています。。






















PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM