スポンサーサイト

2016.11.01 Tuesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

ムーミン展

2014.10.22 Wednesday | by たいしゅん
 特別に思い入れがあるとかって
訳ではないんですが
(あ、でもiPhoneのカバーはそうだ)


これは絶対観に行きたいと思っていました。

ムーミン展

作者:トーベ・ヤンソン生誕100周年ということで
日本各地を巡回しているのですが、
東京は連日混雑していて行く気がせず
故郷広島はお盆に帰省出来なかったので
この山形・上杉博物館へ行くしかない!
と随分前から決めていました。

新宿を0:15に出る夜行バスで
福島へ着いたのが4:30。


米沢行きの始発が7:15…

時間つぶしに
辺りを朝のお散歩。



南福島駅まで歩き(約5キロ)
そこから米沢を目指しました。





米沢駅から上杉博物館までも
歩きました。(2.3キロくらいかな)
ちょっと寒いなと思ったら
吐く息が白かった。



博物館辺りから見える空も
もう秋って感じです。

さて、肝心の展示の方ですが
200点ちょっとの作品は
本の挿絵用に描かれたものなので
小さなもの、白黒のペン画が多かったです。

ただその小さな絵のひとつひとつだけで
物語を感じ取れるものばかりで
そう、文字がなくとも
絵がお話を語っていました。

原画ってやっぱりいいです。
作者と絵の前で対話が出来ます。





グッズ売り場は非常に充実しておりました。
が、お金あまりありませんので、
図録と小さなペンケースだけ購入しました。

原作を読んだ事がないので
これを機会に読んでみようと思っております。

そして
山形と言えば…

あの選手の実家がある所なので
歩いてまた駅まで戻り、
その家?お店?を目指すことにしました。

〜続く〜


ティムとジェフ

2014.10.20 Monday | by たいしゅん

映画を観る前にその作品のパンフレットを見ると
必ずこけるという
自分の中の定説があります。

渋谷のタワレコで
宣伝していて即買った前売り券は
なんとパンフレット付きでした。

だから公開まで見るのガマンしました。。

それだけ期待が大きかった。
だから公開初日に行ってきましたよ。

グッバイ・アンド・ハロー
(原題:Greetings From Tim Buckley)

まあ、邦題聞いただけでも
ティム・バックリーの話だってわかるんで
いいんですけど。

ワシとティムの出会いは


このライブアルバムです。

ギルドの12弦を弾くこの凛々しい姿のジャケットに
一目惚れ。
そして音はこのフォークシンガー的な
佇まいでありながら
何とも多種多様な音楽の影響を感じる曲に
ハイトーンの自由なボーカル。

すっかり魅せられて
彼のCDを見つけては買いました。

自分の世代以下は
息子ジェフの方から入っていった人たちが多いですが
ワシは親父のティムの大ファンであります。
だから息子も
音楽をやっていると知った時は感激しました。

親父のDNAを引き継ぐかのような
ハイトーンボイスを
もっともっと洗練させたような歌声は
本当にぞくぞくした。

彼が死んだ時は
何で親父と同じような末路を歩んでしまったのかと
思いました。

だから、この映画。
ジェフ役のベン・バッジリーに全てがかかっていると
言っても良いと思っていました。

その結果は…

これはもう、皆さん、
劇場へ行って確かめてもらいたいです。

ジェフ&ティム・バックリー親子の
アーティストとしての素晴らしさが霞むどころか
ペン・バッジリーの才能に惚れ惚れする映画です。

彼以外にも
ケイト・ブッシュ似のヒロイン
イモージェン・プーツが歌うシーンとか
生の歌声が素晴らしいと感じるシーンが多々出てきます。

音楽好きなら
観て後悔はないはず。

上映館の
ヒューマントラストシネマ渋谷
水曜日は割引で観れますよ。

お、何だか宣伝大使のような
記事になってしまった。

ジェフが父親のトリビュートライブに出演する所に焦点を当てて
そこで葛藤する姿を描いた
脚本と演出にセンスの良さを感じます。


公式サイト










鎌田浩宮 福島・相馬へ行く

2014.10.06 Monday | by たいしゅん
台風18号過ぎ去ってやっと晴れた関東地方。

そんな台風が接近していた
昨日10月5日土曜日、
渋谷のアップリンク
鎌田浩宮 福島・相馬へ行く』を観に行きました。

まずは
何と言ってもこの映画のタイトルです。
鎌田浩宮?誰じゃそれ?
大半の方が思うんじゃないでしょうか。

池上彰 とか 矢追純一 とかとは訳が違う。
映画はほぼ
福島の杉本家での撮影ですが、
この杉本親子の事は本編でこんな人なんだと分かります。
ただ映像だけではこの鎌田浩宮という人物がつかみきれない。

でもね、上映が終わって
帰る時になって分かりました。

この上映会が始まる前、
最後の舞台挨拶と彼が舞台に登場する時間も含めて
映画の一部であったのです。
生で語る彼は魅力的です。
だから、この作品は
映画の上映だけではダメなんです。
彼のトーク付きでないと。

「映像だけで勝負しろ」なんて声が聞こえてきそうですが
この作品は映像を使った鎌田浩宮ライブショウなのです。
だからこの規模で
必ず現地へ本人がいくスタイルでないと成立しない作品であると思いました。

いろんな表現の方法があっていいんじゃないかな?
まあ、ワシはよく知っている人物なんで
映画だけでも分かりますが、
名前だけでどんな人?と分からないのであれば
手間隙かかりますがこれでいくしかない。

大阪上映は阪急梅田駅の発着チャイム作曲の鎌田です!
を大宣伝文句にしてキャンペーンしていって良いと思います。



今後の上映予定を公式HPよりコピペ。


2014年
10月18日(土)〜24日(金) 午後3時50分
   
10月25日(土)〜31日(金) 午後7時半
  大阪市・九条 シネ・ヌーヴォX
詳細はこちらをclick!


2014年
11月23日(日) 午後2時半
沖縄県・那覇市 ナハチョップカフェ
詳細はこちらをclick!


2015年
1月17日(土) 午後2時半 / 午後5時
  名古屋市・大須 シアターカフェ
詳細はこちらをclick!



予告編


当日はあまり話せななかったので
細かい感想は後日、本人に直接伝えます。

今シーズン終了

2014.10.02 Thursday | by たいしゅん


怒涛の9連戦、無事に終了しました。
4勝5敗、
勝った4勝は全てヤクルト戦でした。。

最下位のチームにしか勝てない
それが現状です。

CSはどこでも好きなところで
やればいい。

日本シリーズの日程は押さえておきますよ。
で、日本一にならなかったら
以前書いたように
辞めます、ファンを。

生観戦通算成績は
18勝14敗
最多勝は野村と大瀬良で
3勝でした。

石原選手のホームラン4本のうち3本。
19打点のうち10打点を生で観ました。(自慢になるのかこれ?)




今年最後のスワローズ

2014.10.01 Wednesday | by たいしゅん
 9月29日月曜日
対ヤクルト23回戦

















カープ12-9スワローズ

レフト方面打球が多く
ワシの姿、映像でかなり確認出来る…



観たので
代わり映えのしない
写真…

{D79258CC-68F9-4E70-B7B4-C6D3A239D5B4:01}

{788592FF-E10F-4BE6-8DCB-1AFDAC134716:01}

{8990FE8A-E49E-4B14-B700-22CB2B3323BA:01}

{6ECD5B8B-011F-4D73-B886-7A157ACEBB91:01}

{040DC1E3-7897-4E43-91AB-57BBF968E29C:01}

{C996854C-B8C3-40EF-A39C-9CB24ADAB14A:01}

ゲームセットの瞬間を
ビデオで撮ったけれど
タテヨコ間違えて見にくい映像です。
ごめんなさい…↓

<


カープ7-6スワローズ


PR
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM